外装リフォーム

外壁や屋根には塗装やシーリングが施されており、お住まいで安全に暮らしていくには欠かすことができません。これらは年月の経過によって徐々に老朽化していきますので、定期的なメンテナンスが必要になります。

快適な暮らしをいつまでも続けていくため、それぞれのメンテナンス時期を把握しておきましょう。

10年に一度を目安に塗り替えをしましょう

外壁や屋根に施されている塗装は本来“防水性の確保”を目的としています。
もし、塗り替えを怠って塗膜が劣化してしまうと雨漏りの原因になりますので、定期的に塗膜の状態を確認して適切な時期に塗り替え工事ができるようにしましょう。

▼塗膜の状態をチェック!
□外壁を触ると手に白い粉がつく(チョーキング)
□細かいヒビが壁に入っている(クラック)
□カビやコケが繁殖している、汚れている
□塗膜が剥がれている
など

屋根の葺き替え工事で一新しませんか?

老朽化の症状が下地にまで及んでいる場合には塗装工事では対処できず、大規模な工事が必要になります。屋根の葺き替え工事はこのような時に行われる工事で、既存の屋根を真新しい状態に生まれ変わらせます。

塗装工事に比べるとその規模は当然大きくなり、費用も大きくなりますので、定期的なメンテナンスを行い、このような事態になる前に対処するようにしましょう。

シーリング工事で防水性を確保

シーリングは外壁の目地やサッシの隙間に施されており、雨水の侵入を防いだり、揺れに対する負荷を軽減しています。そして、老朽化によって隙間が空いてしまうと、そこから雨水が侵入して内部の腐食や雨漏りを引き起こします。

私たちにお任せいただければ、症状に合わせて増し打ちもしくは打ち替えを行います。

タイニーハウス、内装リフォームのことなら星の工房

【TEL】090-4126-9697
【所在地】山梨県甲州市勝沼町上岩崎1285
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】甲州市を中心とした峡東エリア(他エリアはご相談ください)

一覧ページに戻る